woman04

シミと一口に言っても色々な種類に分かれます。
できる原因も違い、主に加齢と共に濃くなっていくため、早めの対策と予防が大切です。
ニキビや化粧品による炎症の痕が残ってできる炎症後色素沈着は、年齢に関係なくできます。
メラノサイトーシスは、表皮より奥の真皮にできるシミで、肝斑との区別が難しいです。
加齢やストレスが原因で、ターンオーバーで消える事はありません。
老人性色素斑はこれまで受けた紫外線からのダメージが原因で、40歳前後から表れてきます。
両頬骨に沿ってできる肝斑は、主に女性ホルモンのバランスが崩れる事が原因です。
精神的ストレスによってホルモンバランスは変化しますし、紫外線の影響もあります。
妊娠やフェイスマッサージのし過ぎによる場合もあります。
また、他のシミと重なってできる場合もあり、区別して改善していかなければなりません。
30から40代に多く発生し、改善するには原因に合った対策が必要です。
中々治らない場合は、他の原因の可能性があります。

種類別の改善法

シミの種類によって、対処法も変わってきます。
加齢によってできるシミのうち、肝斑の改善方法は、美白化粧品のエイジングケアで対応できます。
紫外線によるシミにも、効果はあります。
シミを改善すれば、肌が明るくなり、若返り効果を得る事ができます。
この肝斑に効果があるのは、トランシーノです。
主成分はトラネキサム酸で、肝斑の改善に重要な役割を果たしてくれます。
メラノサイトがメラニンを生成するのをブロックする働きがあります。
その他にも、ターンオーバーを活発にしてくれるLシステインやビタミンCも配合しています。
この様な外からの働きかけをしっかりとしながら、生活習慣の改善もしなくてはなりません。
女性ホルモンのバランスが大切なので、規則正しい生活とストレスをためない生活が重要な要素となってきます。
美肌になるという事は、健康になるという事です。
美容と健康は切っても切れない縁にありますので、美肌を手に入れたければ、健康に気を使う事が大切です。

オススメリンク

woman05

美白は七難隠す

昔から、肌の白いは七難隠すと言います。色白の女性は、多少顔立ちが悪くとも、美しく見えるということわざです。顔立 […]Read more
woman01

若さを保つにはスキンケアから

いつまでも若く見られたいと願うのは、女性の当然の心理です。しかしシミがあっては、老けて見られます。若返りに効果 […]Read more

関連リンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031